運転免許を取るなら通学免許より合宿免許!

自動車の運転免許を取るには?

自動車の運転免許を取るには教習所に入校しなければ始まりません。教習所への通い方には大きく分けて2種類あります。それが、自分のペースで通学して卒業を目指すタイプと、短期間の合宿で卒業を目指すタイプです。どちらも最終的に取得する免許は同じですが、通学と合宿ではたくさんの違いがあるので、自分にはどちらが向いているのか、きちんと見極める必要があります。この記事では、合宿免許のメリットとデメリットをご紹介します。

合宿免許のメリット

合宿免許の大きな特徴は、自分のペースで通学する通学免許と違って、教習所近くの宿泊施設に泊まりながら、毎日決められたプランで免許取得を目指す点です。取得する免許の種類によって異なりますが、普通車ATの免許であれば2週間程度のプランであることが多いです。通学免許に比べて短期間で免許取得を目指せるのはメリットのひとつです。

また、合宿免許のもうひとつの大きなメリットは、費用が安く抑えられることです。合宿費用には宿泊費や1日3食の食費も含まれていることが多く、安心して過ごすことができます。教習所によっては、宿泊施設から教習所までの交通費も含まれているところもあります。さらに、学生が多く集まる春休みや夏休みの時期(オンシーズン)と、それ以外の時期(オフシーズン)とでは合宿費用も異なります。日程さえ都合がつけばオフシーズンに通うことで、費用はさらに抑えられます。

合宿免許のデメリット

通常免許に比べて短期間で免許取得が目指せるのが合宿免許のメリットですが、考え方によってはデメリットにもなります。合宿免許は原則として決められた期間で毎日教習に参加しなければなりません。そのため、合宿に参加するにはまとまった休みが必要となります。合宿期間中はアルバイトや仕事に行けなかったり、友人との予定を入れられなかったりと行動が制限されることになります。学生ならば学校の長期休暇を利用するという手がありますが、仕事をしている社会人は合宿免許を取るのは難しいです。

また、合宿免許を実施する教習所は、市街地から離れていることが多いです。そのため周辺道路の交通量も少なく、運転しやすいというのは路上教習のときは安心ですが、実際に免許を取得したあとに都会など交通量の多い道での運転には慣れるまで時間がかかることがあります。さらに、通学での教習なら地元のある程度見慣れた道を車で走ることになりますが、合宿は見慣れない街や道を運転することになるので、一層注意が必要です。

おすすめの合宿免許サイト:合宿免許ムーチョ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です