合宿免許に通う前に知っておきたいことは

料金や免許の取得にかかる期間などを知っておこう

運転免許を取得する場合には、教習所に通学する方法以外にも合宿免許で取得する方法があります。合宿免許とは、自宅から教習所に通うのではなく半月から1か月の間教習所ないしは教習所の近くのホテルなどに宿泊して短期間で教習を受けることです。本格的に合宿免許に通うためには、長期的な休暇が必要になります。そのため、会社員ならば半月から1か月程度の休みをとることが必要になるでしょう。学生の場合には、夏休みや春休みなどの長期休みを利用して合宿免許に参加する人が多いです。

従来の自宅から通う通学免許と呼ばれるものならば、普通自動車免許の場合最短で1か月ないしは1か月半ほどで免許証を取得することができます。一方、合宿免許の場合はさらに短い期間で取得することができるでしょう。普通自動車免許を取得する場合は14日から16日で取得することができる可能性があります。ただし、これは回数をオーバーしなかった場合の話になります。定期的に行われる試験などに落ちてしまった場合には、補習をしなければならないこともあり免許取得までの期間が数日延びる可能性があるでしょう。

料金に関しては、繁忙期と閑散期によって分かれます。7月から8月ないしは3月から4月の繁忙期の場合は、25万円から30万円程度になることが多いです。一方で閑散期は20万円から25万円程度になります。そのため、もしいつでも日程が空いており教習所に通えるようならば、閑散期を狙った方が確実に安くなるでしょう。この料金に含まれる内容は教習にかかる費用だけではありません。通学免許と異なり合宿免許の場合は、長期的に1か所に滞在することになります。その宿泊費用も含まれることになります。当然、宿泊先で出される朝食や夕食代もその中に含まれているのが特徴です。教習所によって異なりますが、家と教習所を往復する時の費用なども含まれている所もあります。

保証制度なども用意されているところが増えています。ハンコをもらうことが出来ない場合や試験に落ちて教習時間がオーバーしてしまった場合でも、保証制度にあらかじめ加入していれば補講による追加の教習料金なども教習所の方で負担してくれる可能性があります。また、教習所によっては一時帰宅をする場合の交通費も保証制度から出してくれるところもあるでしょう。そのため、合宿免許に参加する前にどのような保証内容になっているかを確認して、自分にとって有利な内容ならば保証制度を利用するのが良いかもしれません。

最近は、合宿免許の教習所同士の競争が激しくなっています。競争が激しくなると、少しでも沢山の生徒を取り込もうとサービスが充実していく傾向が出てくるでしょう。例えば、一回だけ無料でエステサロンを利用できるところや、無料で温泉に入れるところなどその内容は様々です。

 

おすすめの合宿免許サイト:合宿免許ムーチョ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です