合宿免許であると便利な持ち物とは?

もしもの場合に備えて現金や保険証を

合宿免許は事前にお金を支払っているために期間中にお金の支払いが必要になるということはありませんが、もしもの場合に備えてある程度のお金を用意していくと役立つことが少なくありません。

合宿免許では生活する上で最低限必要な衣食住は用意されていますが、ちょっとした買い物をしたいという時には当然お金が必要となります。ジュースなどの甘い飲み物が欲しくなったり、タバコが欲しくなったりする場合に備えることは大切です。コインランドリーを使用する際にもお金が必要になることもあります。
もしもの場合に備えて保険証を持っていくことも重要です。怪我をしてしまったり病気になってしまったりした際には病院に行くことになりますが、保険証を持っていないと面倒なことになってしまいますので忘れずに持っていくことが大切です。

施設の設備などに合わせてアメニティグッズの持参を

長期間滞在することになる合宿免許では宿泊施設に生活する上で必要となるものは大体揃っています。しかし、施設の設備などによってはアメニティグッズが必要となる場合も少なくありません。
施設側が用意してくれるアメニティグッズは必要最低限であることもあります。男性の場合にはひげ剃り用品を、女性の場合にはスキンケア用品などを持参していくととても役立ちます。また、ハンカチやティッシュだけではなくウェットティッシュなども持っていくと何かと役立つ場面が少なくありません。洗面用具なども施設側に用意されているのが一般的ですが、髪質や肌質に問題があるという場合には用意されている洗面用具では不十分である可能性もあるので持参していくと安心です。

オフ日がある場合には娯楽用品などの備えを

合宿免許によっては教習が行なわれないオフ日が設定されているということもあります。事前に自分が参加する合宿免許にオフ日が設定されているかどうかを調べ、オフ日があるようなら何らかの備えをしておくことが大切です。

オフ日の備えとしては何らかの娯楽用品を持っていくと役立つことがあります。スマートフォンや本などで暇な時間を潰すということも出来ますが、せっかくの合宿免許なので他の人とも交流したいという場合にはトランプなどを持っていくことで交流するきっかけになることがあります。
合宿免許が行なわれる場所によってはオフ日には観光を楽しむことが出来る場合もあります。ガイドブックの持参や事前に付近の観光地を調べておくことで貴重なオフ日を効率良く使って観光することが出来ます。観光は他の参加者との交流にもなりますので、交流を目的としている場合には下調べをしておくことが大切です。

おすすめの合宿免許サイト:合宿免許ムーチョ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です